.

クルマを所有している人は分かっていると思いますが自動車税が徴収されます。エマルジョンリムーバー

そして自動車税は、手放す中古車売却時に一般に戻ってくる税金なのです。

こういった内容は実際やってみると簡単に頭に入ってくると思いますがこれから一から流れを分かりやすく説明しましょう。

当たり前ですが注意書きすれば、国内で作られているクルマだけでなく海外の車でも税が還ってくる対象になっています。

当然ですが中古車も当てはまります。

自動車税という税金は自動車を所有している人が払わなければいけないお金なのですがこれは車の排気量により定められています。

1リッターより小さいのであれば29500円となり、1リッターより上で1.5リッターの場合34500円になります。

これ以降は500ccずつ5000円ずつ増えます。

それからこの金額は4月1日時点の保有者が、その年度のお金を納める義務となっています。

つまりは事前納付になるので、勿論愛車を引き取ってもらって所有権を失った場合は先払いした分のお金は返還されるのです。

自動車税は事前納付で来年3月までの自動車税を支払うので、その年度内にクルマを売ったときは、新しい保有者が税金の納付義務を負うということになります。

買い取った相手が買取専門店の場合は、買い取り時に所有者が前払いしている分のお金を返してくれます。

つまり所有権を手放した日以降の税額は、権利が移ったオーナーが納付義務を負います。

例えばあなたが10月のうちに愛車を売った場合は11月以降翌年3月いっぱいまでの払ったお金は返金されます。

というのは、繰り返しになりますが自動車税というのは一年分を前払いしているという事実からもわかります。

ということは売却者は売却先に自動車税を返してもらうということなのです。

個人的に愛車を売却する場合結構このような重要な事実に気づかない方が多くいるためきちんと確かめるようにしましょう。

自動車税が車を売却すると返金されるという事実を意外に知っている人が少ないからと言って、その状況を悪用している業者もあるのです。

こちらから返金に関しての話をしなければ自動車税のことについて説明しないということもよく聞かれます。

ですから自動車の売却をする時には自動車税が戻ってくるか否かの確認を怠らないようにしてください。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.karenmillentoday.com All Rights Reserved.