.

お店で全ての契約カードが決済可能なのでもない■クレカ会社の契約店舗は大抵、二つ以上のクレジットカードの会社に加盟していますが、いかんせんショップでみなのタイプのカードが決済できるんではありません。

例をあげていうと昔ながらの商店の場合だとJCBの印の書いたクレカしか使用できない状況もあるし、この頃の加盟店舗ではVISA、マスターカードのロゴのものしか決済できない場合もよくあります。

ダイナースクラブカードのようなクレジットカード会社だったらさらに決済不可な場所が増えるでしょう。

どのような所有クレカが使用できるかをどこで判断したらいいか?「ならいかにしてどのブランドの所有クレジットカードが決済できるかを判断するといいか?」といってはみたものの、ちゃんと見るのには該当店の方に問い合わせてみるのみしかないていうのが正直なところその答えです。

だがおおよその商店やショッピングセンターには加入店の分かりやすいところなどに使えるクレカの印がプリントされたシールが付けられているんで「そうか、そのレストランではMasterCardが切れるんですね」というのが困らないようになっているため心配しないようにしていただけるとよいと思います。

しかし、きっちりと案内が行き届いていないお店で切るときには、ロゴシールが貼り付けられているのに「現在ではお持ちのクレジットカードはお使いいただけません」などの案内をされてしまう場合もあり途方に暮れてしまうことだけは避けたいところです。

そこで、できる限り全てのショップでクレカが決済できるようにしたいならば異なるマーク(国際マーク)がある一般的なJCB、ダイナースカード、アメリカンエキスプレスカード、ライフカード、等のカードを複数契約するようにするとよいと思います(例:セゾンカードを持っているなら次は銀聯カードがついているクレジットカードを携帯するようにする等)。

特に国内使用のみなら、VISA、MasterCard、JCBカードの3つのロゴが書かれているカードをその都度使っていればよほどのことがない限り100%の加入店で3枚のうちどれかのカードを使用するよう準備万端というわけです。

クレカを使いこなして日々スマートな支払いを続けていくには、言うまでもないがそれぞれのカードを作っておいていただきたいと思います。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.karenmillentoday.com All Rights Reserved.