.

書籍の宣伝チラシ、スポーツ紙、電信柱に張り付けられた宣伝広告や郵便広告で、「債務の整理します」「多重負債をまとめたいと思ったら」といった宣伝を見ることがしばしばです。こういうのは、「整理屋」「買取専門屋」「紹介者」という俗称の業者の宣伝のケースもあったりします。それらを申し込んだ場合には自己破産申請手順の中で最も重要な免責許諾を手に入れられなくなるパターンもあります。「整理業者」は広告などで多重債務者を引き寄せ、高い代金を取り負債整頓をやりますが本当は整理は行われないまま、当人はさらに債務地獄に落ちる結末が大方と予想されます。「買取業者」の場合、借金者のクレジットで何らかのチケットを山ほど購入させて債務者から商品を購入額の20%から40%で買い上げるという手口が知られています。債務人はその瞬間は現金が増えますがいずれカード業者による買ったものの全額の支払い要求が届き、現実には借金を上乗せすることになります。この場合はカード会社に対する詐欺に当たるということになり免責がもらえなくなります。「紹介屋」とは著名な貸金業者から断られる負債者に対して業者としては金貸しは全然せずに、貸出をしてもらえる関係無い企業を呼んで、紹介料を請求する業者です。つなぎ業者は手の込んだ努力で金貸しが受けられたかのように会話しますが実際には何もしないまま種は簡単で審議の通りやすいルートを伝えているというだけなのです。この場合だと借金額を拡大させる結末となります。

Copyright (c) 2000 www.karenmillentoday.com All Rights Reserved.