.

破産申告をする人で借金に対し保証人が存在する場合はあらかじめ相談をしておくべきでしょう。ここにおいて、強調させていただきますがほかに保証人を立てているときは、自己破産手続きの前段階でよく考えた方がいいでしょう。つまりはもし破産して受理されると、保証人がその返済義務をいっさいがっさい負う必要が生じるからです。ということから、破産の前に保証人となる人に至った内容とか現状について説明して、お詫びをしなければいけないでしょう。これはあなたの保証人の立場で考えると当然のことです。借金をしたあなたが自己破産をすることにより、有無を言わせず債務が回ってくるわけです。それで、そのあとの保証人となる人の選ぶ手段は以下の4つになります。1点目ですが保証人自身が「みな支払う」というものです。保証人自身がすぐに大きなカネをポンと完済できるお金をたくわえているならばこの手段ができるでしょう。でもむしろあなたが破産宣告せずに保証人に立て替えを依頼して、今後はあなたの保証人に月々返すという形も取れると思います。もし保証人が債務者と良いパートナーであるのならば少しは期日を考慮してもらうこともできないこともないかもしれません。たとえ合わせて返金が不可能でも話し合いにより分割に応じるものです。保証人に破産手続き実行されると一銭も返金されないリスクがあるからです。保証人がそれらのカネを代わって負う経済力がなければ、あなたと同じように何らかの方法による債務整理をすることを選ばなくてはなりません。続く選択肢は「任意整理」による処理です。この方法の場合貸方と示談することで5年ほどの期間で弁済する方法になります。お願いする場合の経費は債権者1社につきだいたい4万円。7社から債務があるとしたら28万円ほどいります。相手方との交渉を自分でチャレンジすることもできないことはないかもしれませんが、この分野の経験と知識がない方の場合債権者が自分たちにとって有利な提案を勧めてくるので、注意する必要があります。また、任意整理してもらうという場合も保証人にカネを代わりに払ってもらうことを意味するのですから借金をしたあなたはたとえちょっとずつでもその保証人に返済していく必要があります。3つめは保証人も返済できなくなった人と同じく「破産手続きをする」ということです。あなたの保証人も借金した人とともに自己破産をすれば保証人となっている人の債務も帳消しになります。ただ、その保証人がマンション等を持っている場合はそういった私財を没収されてしまいますし法令で資格制限のある職についているならば影響が出てしまいます。そういった場合、個人再生という制度を活用するといいでしょう。最後に4つめの方法としては、「個人再生を利用する」こともできます。戸建て住宅などを手元に残したまま負債整理を行う場合や、破産では資格に影響する職に従事している場合に検討していただきたいのが個人再生制度による整理です。これなら、自分の住宅は残せますし自己破産のような職業の制限資格制限がかかりません。

Copyright (c) 2000 www.karenmillentoday.com All Rights Reserved.